キャッシングにおいて重要な要素のひとつが、審査の基準です。金融機関によって審査基準は異なる場合が多く、アルバイトやパートの場合は審査の甘いキャッシング会社へ申し込みをした方が良いです。

一般的には銀行カードローンよりも、消費者金融の方が審査は通りやすい傾向にあります。また消費者金融なかでもアルバイト、パート向けのキャッシングがあるため、給与や勤続年数を踏まえて時には比較して良いサービスを見つけましょう。自営業向けのキャッシングサービスを提供している金融機関もあって、自営業の人はそちらの方が良いこともあります。

大まかな目安としては給与が安定していると認められると、審査には通りやすいです。安定の基準は毎月の給与、現在就いている職場での働いている年数などが主です。ただし金融機関によっては他にも細かなルールを設けていることもあります。基本的に正社員で長く働いていれば、大抵のキャッシングサービスは利用できます。借りられる限度額は審査の後に決まる場合が多く、消費者金融の場合は総量規制が働きます。総量規制とは借りられる限度額が年収の3分の1までという法のことです。つまり人によっては銀行の方が高額借りられます。