Archives 1月, 2015

14 1月
takeshi

キャッシングにおいて重要な要素のひとつが、審査の基準です。金融機関によって審査基準は異なる場合が多く、アルバイトやパートの場合は審査の甘いキャッシング会社へ申し込みをした方が良いです。

一般的には銀行カードローンよりも、消費者金融の方が審査は通りやすい傾向にあります。また消費者金融なかでもアルバイト、パート向けのキャッシングがあるため、給与や勤続年数を踏まえて時には比較して良いサービスを見つけましょう。自営業向けのキャッシングサービスを提供している金融機関もあって、自営業の人はそちらの方が良いこともあります。

大まかな目安としては給与が安定していると認められると、審査には通りやすいです。安定の基準は毎月の給与、現在就いている職場での働いている年数などが主です。ただし金融機関によっては他にも細かなルールを設けていることもあります。基本的に正社員で長く働いていれば、大抵のキャッシングサービスは利用できます。借りられる限度額は審査の後に決まる場合が多く、消費者金融の場合は総量規制が働きます。総量規制とは借りられる限度額が年収の3分の1までという法のことです。つまり人によっては銀行の方が高額借りられます。


9 1月
takeshi

私がキャッシングを利用したのは6年ほど前になります。調度そのころ子供が生まれ、そのための費用がかさみ、さらにそれまで働いていた職場が変わってしまったことから給料が減少して預金してあるお金ではやりくりが厳しいことから50万のキャッシングを利用しました。

正直こういったものに頼るのは抵抗があったのですが、近所にあったアコムの小型店舗?のようなところに行き、機械相手に審査を進めたところ思いのほか簡単に借りることができて驚いたのを覚えています。

審査の過程でコールセンターの方と実際に話す場面もありましたが、簡単な説明や確認事項のみで何の問題も無く手続きできました。一番心配だったのは職場が変わったことによる勤続年数の部分でしたが、そこはコールセンターのかたに確認したところ、在籍確認さえ取れれば問題ないとのことで、その場で会社に在籍確認(キャッシング会社からの電話とはばれない形で)が行われOKだったので何事も無く終わりました。

収入に関しても証明書等の提出は求められず、現状の報告だけですみました。コールセンターの方の細かな説明と落ち着いた声で心配だった気持ちは幾分晴れ、返済計画のシュミレーションも簡単にではありますが説明があり、安心してキャッシングすることができました。

おかげでそのころのピンチは脱することができ、いまでは完全に返済も終わりました。